2月水彩色えんぴつ風景画コース「伊根の早春」

混色で海の色。なごり雪を描く。

伊根集落の奥にいくと高台に出会える。静かな海を描いてみたい。
  1. 木と屋根に積もった雪と木々の一部分にマスキングする。
  2. 混色でグラデーションをする。そのあとスクラッチ。
  3. 雪を降らす。
  4. 舟屋を描き、その後木を描く。枝は丁寧に描く。

point
スクラッチとは、引っかく技法です。(2月の光の海と同様)
先端のとがったものでスクラッチします。
例えば、竹串、レース編み用のかぎ針、ニードルなどで、引っかきます。
そうすると、さざ波が表現できます。

(使用した色)
157,163,153,177,199

ファーバーカステル アルブレヒトデューラー水彩色鉛筆 色番号表記

1月水彩色えんぴつ教室「椿」 描き方

光をとらえて 葉の描き方がポイント

椿です。
日本的な花なので、正月のイメージとして風景や静物によく登場するモチーフです。

2001tsubaki


写真では、一輪ですが、二輪を描いた作品イメージです。
光をとらえて白く何も描かない部分も大切です。

  1. 背景から描きます。背景と後ろ側の花色を入れます。
  2. 手前の花を描きます。
  3. 葉を描くときは、葉のカゲ(奥)を描きます。葉脈はリフティング。

(使用した色)
112,157,171,140,219,169,107,184,187,153

(ファーバーカステル アルブレヒトデューラー水彩色鉛筆 色番号表記)