個展のお知らせ ~ギャラリーダダin横浜

ƒvƒŠƒ“ƒgDMsumi

昨年に引き続き、横浜での2回目のギャラリーダダさんでの個展です。
今回は、水彩色鉛筆の体験講座を2日間内容を変えて、開催いたします。
水彩色鉛筆の魅力を知って頂きたいと存じます。
せひ、ご高覧ください。

DMが本日やっとできました。
お手元に届くまでもうしばらくお待ちください。

4月水彩色えんぴつ風景画コース「芝桜の咲く頃」

背景に芝桜が咲いています。
5月の初旬、芽が吹く頃ののどかな里山です。
岐阜県の明宝にある國田家の芝桜。
おばあちゃん(故人)が、1人で桑畑の跡地に芝桜を植えたのが始まりだそうです。
今では、観光スポットになっています。
1904芝桜の里

使用した色
205(104),168,278(157+107)157124,125,274,187,184,112
混色のパレット(青・オレンジ)
紙やすり、マスキングインク

着色はパウダーでします。

4月水彩色えんぴつ教室「tree」

一本の木を描きます。
1904tree
はじめに、グラデーションから描きます。
雨空を描きたく、全体的なカラーはこんな感じです。
グラデーションが今まで上手くできなかった方、おさらいしましょう。
はじめて描くグラデーションの方は、コツをお伝えします。

木の描き方は、
パウダーで仕上げましょう。

使用した色
151,274,125,110,157,140,112,199

この場所は、娘の通う小学校でもあり、私の母校でもあります。
校庭の体育館の脇にある大きな木。
40年以上前から子どもたちを見守っています。
この日は、雨の参観日。
幻想的な雰囲気を作ってくれました。

4月水彩色えんぴつ教室「さくら」その2

さくら、もう一枚描いてみました。写真の水彩色鉛筆はファーバーカステル社のゴールドファーバー。15年ほどまえに、廃盤となったけど、硬質の水彩色鉛筆としては、好きでどこかにないかと探し求めていたところ、昨年復活しました。

ハードタイプなので描き込みに適しています。

色番がデューラーとおなじなので扱いやすいです。