8月産経学園 透明水彩 「伊根の舟屋 」

伊根の舟屋です。対面の桟橋から見た風景です。雪が少し積もっているのでこの時期に描くには、ちょっと新鮮ですね。

この集落の中に、主人の叔父が昔、漁師で勇ましかったと聞いています。結婚報告のために親戚にご挨拶回りしたときには、漁船で湾を周遊してくれました。そのとき、はじめて訪れた町でした。

今では、世代も変わって縁も薄くなってしまったのが残念ですが、観光地に確立されて多くの観光客を乗せたバスが周遊しています。