7月水彩色えんぴつ風景画コース「イタリア」

イタリアスペイン広場からです。
1807イタリア
今回は、グラデーションをした後に、平筆&パウダーで描きました。
大小の建物が連なり、細かく描くには難しいし、講座では時間が足りません。
そこで、ご提案するのが、「平筆&パウダー」
まず、筆で描く場所を濡らしたあとに、パウダーを撒きます。
上手く描こうとするだけでは、ストレスがたまります。
色が溶けて広がる楽しさを体感ください。

パウダーにして色を振り撒いたときにさっと溶ける色の流れや定着は、
アルブレヒトならではの溶け感です。
シルバー(251)がいい仕事をしてくれますね。

(使用した色)
120,157,180,190,184,151,249,156,251