Feeds:
投稿
コメント

Archive for 2016年10月

今年もカレンダー製作をしています。
A4サイズが12枚
A3サイズが12枚  合計24枚の作品たちです。
それぞれの色校正が上がってきました。

スキャナーだけでは、なかなか色が合わなくて、いつも印刷屋さんに頑張っていただいています。
水彩画は、特に難しいとのこと。
データと印刷機との相性で色もなかなかでてこない。
そんな感じで、1ヶ月ほど、手を焼いていただきました。
今年も展示会にも並びます。

A3サイズには、透明水彩画がメインで掲載しています。
数に限りがありますので、ご容赦ください。

20161031_161719

Read Full Post »

水郷めぐりで人気のスポット、琵琶湖の西の湖です。
夕景にしてみました。
1610%e8%a5%bf%e3%81%ae%e6%b9%96
空と水辺のグラデーションからスタートします。
奥の木立は、グラデーションがまだ乾く前に入れています。
奥から、手前へと描いていきます。

水辺は、色鉛筆で、直接描いています。
シルエットの色は、274+219を混色していますが、177でもいいかと思います。

使用した色
111、183(184)、199,177、157、205(104)、171
丸皿パレット

Read Full Post »

青い鳥の忘れ物 というタイトルが頭に浮かびました。
1610%e3%81%a9%e3%82%93%e3%81%90%e3%82%8a%e3%81%a8%e7%be%bd
シンプルですが、水彩色えんぴつが堪能できる絵作りですね。
もし、お家にお持ちの木の実があれば、追加して描いてくださいね。
種類は、まちまち組み合わせてください。

使用した色
151、249
182(184)263(177)、111、157、217
140

このどんぐり。
フェイスブック上で、購入したと話したら京都の綾部の友達が、買ったことに、驚いてた。
驚いて、自分の家の周囲の木の実を送ってきてくれた。
あけび、どんぐり、紫陽花、パプリカまでも入っていた。

20161011_090738
うちも山に囲まれているけど、さすがに、手の届く場所にはない。
家の前の街路樹のどんぐりは剪定のときに、菌が入ったのか、約50本全部枯れてしまったし、この時期、野山に入ると喘息になるという何ともブサイクなカラダ。
さらに、クヌギの実とカサもなかなか入手が難しい。

それが、商品として販売しているものは、作りも処理も丁寧にして、どんぐりは、熱湯と日干し。
どんぐりの実とかさの部分をボンドでくっつけてもらっているものもある。
そんな細かな作業に、感心いたしました。

Read Full Post »

10月の産経学園 風景画は、秋の木漏れ日描きます。
1610nara
奥には、モミジが紅葉しています。

今年は、今週は日中暑くて、扇風機を回しながら作業をしています。
来週から寒くなるのかしら。。
すでに先週はしばらく寒くて、暖房の準備は整っています。
今は、扇風機と暖房機が並んでいます。

Read Full Post »

10/22(土)に、秋の一日体験教室を開催いたします。

朝日カルチャー 川西教室です。072-755-2381
月~土 10:00~18:00 / 火・木・金・第1・3水曜 10:00~18:30
詳細は、HPでご確認ください。

160610スタンプ_0001
①午前クラス  10:30-12:30 バラを描く

②午後クラス  13:30-15:30 風景を描く

2コースあります。
①のバラは、スタンプをして表現します。
②の風景は、雪のシーンを描いていただきます。
いずれにしても、全くの初めての方でも、楽しんでいただけるような内容にさせていただいています。
ぜひ、ご参加ください。

Read Full Post »

10月は、紅葉と電車を描きます。

1610%e7%a7%8b%e7%94%b0

紅葉は、パウダーを落として表現しています。

使用した色
107、111、121,157、249、140、190、180.
パレット
紙やすりご持参ください。

 

Read Full Post »

水辺のシーンです。
1610%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%9b%e3%83%ab%e3%83%a0
F4サイズです。
スキャナーの読み取りで、上下左右の部分が切れてしまっています。

20160923_113758
背景は、タイミングと色の濃度を変えて、木立を描きいれます。
濃度が高ければ、にじみはさほど広がりません。
よって、家の脇の木立は、にじみの後半に入れます。
20160923_114837
舟と水辺は、まず、こんな感じに表現します。
舟の横側には、先に陰影をつけておきます。
その後、細かい部分を描きこみします。

Read Full Post »

Older Posts »