7月水彩色えんぴつ教室 自由課題でした

7月後半の水彩色えんぴつ教室は、自由課題を持ち寄って描きました。
1時間半弱。わずかな時間で描きます。

かなりの集中力で、終了後は、みなさんへとへとになっておられました。
中には下書きをされてこられた方もいらっしゃいました。
さらに、家で練習といって2、3枚同じ絵を描いて来られた方もいらっしゃいました。

しかし、す、すごい作品が揃いました。
それぞれの個性をそのままにしておきたいので、今回は、私は加筆はしていません。
だから、新鮮で伸びやかな作品が揃ったのでしょうね。
これをもって、本日全クラス終了いたしました。

あまりにも素敵なので、講評会の映像を少しアップいたします。
全クラスではなくてごめんなさい。

スライドショーには JavaScript が必要です。

8月からは、また課題を持っていきます。

7月朝日カルチャー 風景画コース

ひまわりのある風景です。
1607ひまわり
場所は、福岡県能古島(のこしま)です。
夏の表情を描いてみましょう。

はじめにひまわりをマスキングをして、空から描きます。
色鉛筆が得意としている細かいタッチで、ひまわりを描きましょう。

使用した色
110、120、153,156,205(104)、170,171、112、109,191,177、199

 

7月後半の水彩色えんぴつ教室は 自由課題

今月後半の水彩色えんぴつ教室は、「自由課題」となっています。
自由に課題をご持参ください。
描いてみましょう。

梅雨の季節、バテていませんか?

私は最近、食生活にプラスαのサプリメントを
取り入れています。
さらに水の摂取や空気といった環境も変えることで、とっても楽になりました。
アレルギー体質は、目には見えず、じわりじわりとやってきます。
三歳から始まった小児喘息などのアレルギー体質は、
治療もずっとしていたのですが、治まらず、成長とともに変化し、
鼻炎、花粉症、喘息、ジンマシン、接触性皮膚炎に変わっています。
原因であるほこり、ハウスダスト、金属、ゴム、犬猫、草、などなど、
PM2.5化学物質も飛んでいて、と年中アレルギーマーチです。
もともとの体質だとその時々で対処療法をして、あきらめていたのですが、
今現在、根本体質のアレルギーが軽減され、嬉しくてうれしくて!!
今は、あれほど手放せなかったアレルギー治療薬も飲んでいません。

先日も室内で、布団専用掃除機をかけていたら発作が出ていました。
それもアレルギーに対応した掃除機や空気清浄機フィルターがなければ、
やはり発作がでてしまいます。
今は、フィルターでくい止めてくれています。

目に見えないだけでなく、知らないことが一番怖いですね。
自分で身を守らなければいけません。
この体質も子どもに遺伝しています。
将来の子どもたちはもっと反応がでてくるでしょう。

私自身は、これ以上、元気になってどうしようかと思っていますが(笑)
健康が将来貯蓄できればいいですね。
秋までがんばらなきゃいけませんね。

アレルギーの方。いっしょにがんばりましょう。