8月前半 水彩色えんぴつ教室 ガーベラ

8月は、ガーベラです。
1508ガーベラ
これは、造花なので、リアルなカラーより
今回は、不思議な雰囲気で描いてみようと
あえてグリーンガーベラを選んでみました。

背景に塩を使用しています。
モダンに描いてください。

7月は8月のお盆休みの振替とさせて頂いています。
7月29日毎日文化センター大阪教室(8/12休講)
7月30日コミセン教室(8/13休講)
7月31日エビス教室(8/14休講)

8月29日アピア教室(8/15休講)

台風11号接近にともなう 7/17(金)の講座のお知らせ

台風11号の接近に伴うい
7月17日(金)の朝日カルチャーセンター 中之島教室は、
午前講座が全休講と決定いたしました。

☆午前クラス「基礎から描く」は、休講です → 延期:9月11日(金)10時から変更いたします。
モチーフは、今回の星空です。

☆午後クラス    「風景を描く」 は、開講です。いつもどおりお越しください。

午前クラスのみお休みとなりました。
午後クラスは、開講です。お気をつけてお越しください。

ひどくならなければいいのですが、、、心配です。
講座担当者からお電話で連絡しているようですが、
こちらでもご案内いたします。

7月の朝日カルチャー風景画コース モン・サン・ミッシェル

夕景に浮かび上がるシルエットのモン・サン・ミッシェルを描きます。

1507モンサンミッシェル
「シルエット」なので、しっかりと輪郭線をとっていきます。
まず、グラデーションの背景。

空の色はドラマティックに演出してください。
雲は、グラデーションを起こした後、まだ紙が乾かないうちに
筆でそっとピンク×ダークインディゴをのせています。

そして、シルエットは、ただ、水彩色えんぴつの黒を乗せるだけでなく、
青やパープルやシルバーをパウダー状にして使っています。
べた塗りより立体感がでてきました。

木曜、金曜日は、台風の進路が気になりますね。
お気をつけてお越しください。

7月の水彩色えんぴつ教室 星空

星空を描きます。
1507hoshizora
ちょっと、スキャナーの画像では、☆が見にくいのでご容赦ください。
無数に星が散りばめています。
原画でみてください。

まず、空のグラデーションをします。
ダークインディゴをボンと空中央に置いてから、
大きな平筆で色を伸ばします。
続いて、青や紫を加えて、紙を横にやったり縦に置いたり
色を流していきます。
足りなければ、色を追加してください。

 

image

星空のためのアイテムたちです。

 

image

星空を作るために4工程を施います。
1)空が濡れている間にカッターナイフで芯先を削る。(星雲を作る)
2)芯先を濡らした白の色鉛筆で押し付ける(一番星)
3)歯ブラシと網でポスターカラーを撒き散らす(無数の星)
4)キラキラとまたたき(銀ラメのり)

この中では、100均のみそこしがNEWアイテムです。
通常、細かいスパッタリングは、左奥のアイテムと専用ブラシを使って細かいドットをつくります。
でも、これって、画材専門店に置いてるかどうか。。
(ちなみに30年前に購入していました。って、まだ、あったことが怖いけど。。)
ならば、みそこしの中に、ポスターカラーを入れて
ホテルのサービス用の使えない歯ブラシ(誰でもありますよね)で
ブシュブシュこすると、同じく星ができます。

最後にラメのりでおめかししたら
めっちゃ、素敵な星空の完成です。

夏のキャンプに奥飛騨に入ったとき、
歩くときは、あたりは、暗闇で全く見えず、瞳孔を開きながらの移動。

テント横にソロソロと出した
リクライニングの椅子に寝そべり、
空を見上げると!!
天の川が、はっきり見えました。
時折、流れ星がすーっと見えています。
星が降るって、こんな感じなんだと感動しました。
しかし、私は、感動もつかの間
真っくらい中で、
すぐに寝てしまうのも私の特技。

キャンプでは、大雨でも嵐が来ても、
さらにランタンがふっとんで、割れても
幼子をほっておいて
すぐに寝るママの伝説は、いまだ絶えることなく
家族からチクチク言われています。