横浜アートコンペティション

横浜赤レンガ倉庫にて、12/19~21アートコンペティションがありました。
image

出展作家は120名参加。私が行った土曜だけでも一日2400名もの来場があったと伺い、観光地と開催時期は、その人の多さに驚いています。おそらく、4日間で、10000人がお越しになったと聞きました。
さらにこの日は、豪雨、、、、。やっぱり、私らしくって言うのでしょう、、ね。
せっかくのレセプションのためのナイトクルージングも外のイルミネーションは全くみえず、、残念でした。

冷たい雨の中、スタッフの方々は、誘導など辛かったと思います。お疲れさまでした。
お足元の悪い中、お越しいただいた皆様方ありがとうございました。

冬水辺のグラデーション

image

これは、今回の風景画のベースになります。
水をひいてから、平筆ペンでそれぞれの色をのせました。中央に青、紫、上部に茶色(奥の木の茂み)
最後は、手前にオレンジをのせてグラデーションをします。
平筆ペンは、水彩色えんぴつと愛称がいいです。
この水筆(平筆)ペンは、2wayと書いてあって、穂先の部分に装着できるアタッチメントがあり、それを取り外すと大サイズの丸筆にもなります。
しかし、この筆、優れもの。
使い方次第では、5wayにもなります。

すごーーい。
使い方は次に、まとめてお話します。

12月朝日カルチャー風景画コース 冬水辺~映り込み

12月は、木々の映り込みを描きます。
1412うつり込み(640x451)
寒い冬が到来です。
ニュースの絵像では、驚くばかりの
極寒冬将軍が、大暴れです。
我が家も昨夜から氷点下。。
室内でも白い息が見えます。
雪が降っていないので、どうやら出勤できそうです。
それでは、みなさま、
お出かけの方は、お気をつけていってらっしゃいませ。

12月水彩色えんぴつ教室 アマリリス

12月後半は、アマリリスという花です。
太い茎から花が3~4輪咲きます。
1412アマリリス(451x640)
花が続きますが、
頑張って描きましょう。

アマリリスの花の種類や部位を調べてHPを検索してみました。
色んな花色があります。赤なので「レッドライオン」面白いですよね。
中には、ブルーもありました。
ヒガンバナ科なんですって。知りませんでした。

そして、中には、こんなタイトルも。。
「向き合えない花」ですって。
きれいに咲いているけど、お互いの花は、そっぽを向きます。
ちょっと印象に残るタイトルにgood job!