アルブレヒトデューラー?!古いけど新鮮!

一日教室のイベントのときにお持ちいただいた個人の「アルブレヒトデューラー水彩色鉛筆」
見慣れない36色の缶ケースとどこかしら懐かしい水彩色鉛筆。
聞けば、かなり昔に、通信販売で買ったと言われました。

あやふやな返答しかできなかったので
今後の参考のために真相を聞いてみようと
うろ覚えの記憶でみた情報をもとに
心斎橋画材店に聞いてみました。
「シルバー色の見たこともない缶ケースなんですよ。」
一旦、調べてみます。と、数時間後にメールの情報を頂いてそれでは、
「それは、ファイバーカステル社の250年記念のプレミアム商品ではないでしょうか」

うーん。なんだか違う。
水彩色鉛筆もちらりとしか見てないのですが
刻印が古い、懐かしい感じがしたのです。
結局不明のままお蔵入りというか
もやもやとした気持ちのまま保留となりました。

そして、昨日、その体験の方がごレギュラー教室にご入会頂き
もう一度目にすることになりました。

写真をとりました。
20141107_111146
鉛筆のボディーも太い。
刻印も懐かしい感じ。耐光性の星印もない。
36色セットも定番とは違っているセットアップ。
やっぱりレトロ感が漂っている。
聞けば、やっぱりかなり以前20年前以上に通販で購入。

20141107_111118

ネットでも1時間向かっても調べることができなかったのですが、
いつぐらいから販売されているのでしょうね。
メーカーさんに聞いてみようかな…。

って、まだもやもやしています。

2014年11月3日花と器を描く

20141103_142408

先月10月の 台風直撃で流れてしまったイベントが再度行われました。
ご自分で器を用意していただいての花と器を描く会です。
バラや、トルコキキョウ、ノバラの実、てっせん、カーネーションといった
素敵な花たちが、会場を彩り、さらに描き手さんは、
その雰囲気でいい作品が揃いました。

お疲れ様でした。