11月水彩色えんぴつ教室 イチョウ並木

イチョウ並木がきれいに色づいてきました。
東京_0004 (439x640)
親子をアクセントにいれた構図です。
右は国道が走っています。
こんな難しいもの。。って、思っていませんか?
大丈夫です。
なぜなら、伸び盛りだからです。

まずは、1点透視図法による下絵です。
そして、全体に色を塗ります。
右奥にビルがイチョウの葉の隙間から見えますが、
これは、簡単に平筆の水筆ペンで描きます。
レッスンでは、その方法をお伝えできればと思います。

イチョウの落葉した葉は、カッターナイフで
削ったパウダーをまいて出来上がりです。

11月の水彩色えんぴつ教室 自由課題

11月前半は、自由課題でした。
皆さん、それぞれ、何を描こうかと悩んで、悩んで
悩みぬいた末に、モチーフを選出。
持ってきてくださいました。

描いている最中は、いつもならどこかしらから
軽快なおしゃべりが教室を行き交うのですが
今回は、まったくなし。
最初から最後まで、
しーーん。
おお、集中、集中。。。

そして、出来上がった作品は、いずれも素敵でした。
それぞれのお人柄や楽しさがでて、生き生きしています。
教室でのレッスンで学んだ、
そこに行きつくまでの
プロセスや技法を習得し
様々な技法を自分のものにしていただいてるのではないかと
再確認できました。

いつも「できひーん」とか
「あと、先生にやってもらおう♪」(笑)ってことばもなく
やり遂げました。

そして、それは、いきいきとしたすばらしいいい作品でした。
ちょっと感動しました。
やれば、できるやん。って。
思わなかったですか?
どなた様もお疲れ様でした。

 

 

やっぱり、プレミアム感です。

早速お返事頂きました。
フェリッティの峯尾さんありがとうございました!
私のモヤモヤが、吹き飛びました。
コメントを転記します。

image


『画像のアルブレヒトデューラーは20年以上前のパッケージでした。今のグリーンを基調にしたものの前のもので、恐らく90年代半ばには廃番になっているものです。
ですが、中身は正真正銘のデューラーで、若干の廃盤になった色はありますが、3桁の色番は現在も継続しています 十分にご使用いただけます
今はどこを探しても見つけることにでいない貴重なものですよ! 大事にご使用くださいとお伝えください!
いつか私にも見せていただきたい!』

使わず置いといた方が良かったような、プレミアム感です。
でも今日はバラ鉛筆のなかで、旧品を発見しました。西宮の画材店さんで単色が販売されていたみたいです。
探してみようかなー。と思っちゃいました。