白鳥城の塩加減

塩加減は、難しくありません。

image

ポイントは、塩加減というより、「水加減」。水分量が
①たっぷり
②しっとり
③ちょっと乾き気味
を見比べれる目を養うことが大切。
写真は①→②の状態ですね。

①の状態の後半から塩を撒きます。
左手前のところは、水溜まりになっていますね。
ここの場所には、塩を撒いても効果は期待できませんよ。
塩が溶けるまで、10分から15分。。
塩が溶け広がって、テクスチャが現れます。

2月朝日カルチャー 風景画 ドイツ白鳥城 工程1

先週に引き続き、レッスンがあります。
今週は「憧れ」のドイツのノイシュヴァンシュタイン城。
今までずいぶん、あたためて参りました。
いつ、描いてもらおうか。
どんな風にに描いてもらおうか。。。
固まりましたので、いざ、描きましょう。

でも今週は、いつもとは、ちょっと違ったパターンでお伝えします。
まずは、参考資料と下絵だけの掲載です。

ただ、描き方は、このような感じではなく
シルエットのように描きたいと思っていますので、
まずは、下絵だけを掲載させていただきます。
元の参考資料は、
ドイツ 白鳥城2
これを下絵に描きます。
お時間に自信がない方は、下絵を描いて来てください。

下絵は、黒鉛筆で、
スケッチブックに縦書き。
基準線は、半分より上にしています。

ドイツ 白鳥城
後日、制作したものを掲載します。
本日はここまで。

この資料、すごく古いもので、父が大切に残していた写真なんです。
おそらく30年は経っているでしょう。
白鳥城に言わせると「そんなに、昔じゃないね」って。

2月水彩色えんぴつ教室 オランダ

オランダ風景です。
川に映った空と木立を描きます。
1402オランダ オーファーアイセル 

背景の空を先にグラデーションをします。
その後は、川。
空と川は、同じ色を使用しますが、それぞれ、流し方が違います。

雪の地面を描き、最後に木立やそのシルエットを描き込みます。

枝がたくさんなので、水彩色鉛筆向きの作品です。

そして、今回の秘密のアイテム♡
1♡ 太陽の白抜きは、綿棒。
2♡ 細い枝を描く際は、ストロー。

ストローは、細く描けるのと
ランダムなラインが出来るので、
色鉛筆と組み合わせるといいコンビネーションで、
木立が仕上がります。

描き方の作戦をいつもより悩んでしまいました。
upが、遅くなってごめんなさい(>_<)
アピア教室のみなさま、、後ほどお会いしましょう。。