あいあいパーク特別教室 終わりました。

朝から風景画を描き、昼食を挟んで、
午後からは、紙の講座がありました。
みなさま、お疲れさまでした!

image

わざわざこの日のために、東京から宝塚に、ミューズ社の営業の方がお越しくださって、
紙のお話しをしていただきました。

とっても興味深いお話しで、私も楽しめました。
ミューズ式水張りのレクチャーも受けました。

ところで、今回紙の話で、一番
聞きたかったことがあります。

「紙の裏表の見分け方」

教室では、ホワイトワトソン ブロックタイプを使用しています。
時としてノリが外れて、どっちが表か裏か?わからない場合がありますよね。

そんなときの見分け方は、、、

「必要なし!!」

両面使えるんですよ。
ランプライトの但し書きは、そのように書いていますが、ホワイトワトソンも同じこと。

画材店さんも紙メーカーさんも言われていたのが、「見分けがつかないです」って…

ひゃあ。。@@
知りませんでした。

一日、勉強でした。