雪の表情

雪の表情って、どう描こうか…。とふと考える。
このblogにも毎年ながら雪が降ってきた。
雪モード全開です。

白いから当然、周りの色を濃くしないと
雪として表現できないし。

そして今回は、マスキングテープを使用しました。

そして、水彩色鉛筆の必需品。
パレット。↓


透明水彩絵の具のパレットは、
大きいし、重いけど、
小作品ならこれで十分です。5枚1セットの重ね皿。

うなぎを焼くときのタレのようなパレットですな。

以前、生徒さんから言われた;
芯を折って、継ぎ足しして、パレットは、あらわないからかあ。

いい味だすよ~

昨日描いた雪景色をみていたら
スノーダストをいれたくなってきた。
DSC_0002
キラキラ光るのが見えますか?
女子は、キラキラ光り物に弱いです。
でも、人間という生き物は、もともと光モノが好きだというDNAがあるとか…。

いやーー楽しいです。

朝日カルチャー 芦屋教室 特別イベント

ice blue
1212ice blue

冬の風景を描き、
台紙のカレンダーに止めます。
絵は、差し替えることができるので、
季節で楽しめます。

私が大好きなプチプチと
スプレーでice blueの世界を表現します。

12/5(水)一日体験
詳細は、
朝日カルチャー 芦屋教室まで。

13:00スタートします。