Feeds:
投稿
コメント

Archive for 2011年10月

リンゴが終わって…

みなさまありがとうございました。

前回のモチーフ「まるげん果樹園」さんのリンゴを
教室でのPRで、個人でもお買い求めて頂きました。
「注文しましたよ!」って何人もの方からお声を頂きました。

自分もリンゴを頂ける喜び。
そして、作り手である相手の方もとても喜ばれておられます。

みなさんにご紹介できて本当に
良かったです。
そして、私の気持ちにも応えて頂けた事に感謝いたします。
ありがとうございます。

まるげんさんとは、親戚でもなんでもないです。
関係者でもないのですが…。
ついつい力が入ります…。

朝晩、寒くなりました。
手がかじかみます。
私も個展間近。
各地では、教室のみなさんの作品展が開催されます。

緊張と妄想で
夢の中で絵を描いています。
眠れぬ朝(!)を今から過ごしています。
今朝は目覚ましコール前なのに、3時半に起きてしまいました。
起きた自分に
「なんでやねん」って突っ込みをいれたくなりました。
もうちょっと寝るには、しっかり目がさえてしまった…。
残念。。
ならば、絵を描こうと動いてみたら
仕事と思いきや
あまりにも寒すぎて、アイロンがけからスタートした一日です。
アイロンは、蒸気がでるので、暖かい。。
ため過ぎたカッターシャツと給食ナプキンが
きれいに仕上がりました。

今から、やっとお絵描きエンジン回転です。

Read Full Post »

モミジです。
場所は、京都です。

深紅の紅葉をパウダーを使って、描きます。
濃い赤の上に黄色を撒くと紅葉になりますよ。
真ん中は、小さな川が流れています。

Read Full Post »

秋の風景です。
メープルの小道です。

このシーン似た場所を思い出しませんか?
マキノの風景画は、雪を描きました。
今回は、紅葉した楓を描きます。

ご用意出来る方は、
エアーパッキング(プチプチ)をお持ちください^^

Read Full Post »

お疲れさまでした。
薔薇を描く一日が終了しました。

皆さん普段の紙サイズより大きな紙に描きました。
いい作品できましたよね。
絵は、熟成されます。
「こんな風になっちゃった…」と思っていても
結構、時間を置いて見てみれば、「結構、我ながらいける!」っていう
作品になりますよ。

格闘シーンは
こちらをクリックしてください。

楽しいランチも良かったですね。
とーーてもおいしかったです。
しば田さんありがとうございました。

あいあいパークのスタッフのみなさま。
準備、片付け、ありがとうございました。

帰宅前、ふと西の空を見上げれば、
虹色のさかなの形の雲が浮かんでいました。

Read Full Post »

薔薇を描く~準備編

昨日あいあいパークさんと最終打ち合わせでした。
一昨日の酷い雨で、花たちが雨に打たれてしまっていました。
予定では、庭の薔薇の鉢を持って、教室で描こうとしていましたら
担当の方から打ち合わせの前に、お電話を頂きました。
「いい薔薇が無いかもしれません。花弁が雨に打たれています。
薔薇の生産家さんまで、行きましょう」
あいあいパークは、園芸振興センターでもあるので、
その周辺には、たくさんの特徴をもった園芸の業者さんが点在しています。
その中で、「確実園」さんという薔薇の生産業者に一緒に向かいました。

畑は、広大な敷地です。
薔薇の手入れをせっせと世話をされているスタッフがたくさんおられました。
確実園さんは、薔薇の鉢よりも「それなら、咲いている切り花がいいよ。あげるよ!」
たくさん、手際良く花をたくさん、摘んで下さいました。

いい香りまで描けそうです。
そして、今日。そう楽しんで^0^/ufufu
薔薇の画像です。
描くヒントが隠されていますね。
https://skydrive.live.com/redir.aspx?cid=e125aee606e6d1f3&page=play&resid=E125AEE606E6D1F3!2567

 

Read Full Post »

篠山へ

毎年10月の半ばに行く、「篠山」ここから車で1時間弱で到着です。
お目当ては、黒豆の枝豆。
親戚・知人への手配と自家用を求めに行きます。

この日は、3連休最終日とあって
イベントが盛んに行われていました。
「黒豆枝豆」という看板は、自分らの田畑の前に家族さん達が
集まって収穫した枝をさばき、それを子どもらふくめて家族総出で、
簡易店舗で売ります。
目指す篠山同中の5キロほど手前からそんな風景が見られます。

車を中心部より少し西に停め、そこからのんびり歩くのが定番コース。
古い街道は、屋台などでにぎわいます。

早速心をひかれたお店がひとつ。
これは看板です。
「RISU(リスの店)」

朱印帳がとってもおしゃれなハードカバーになっていました。
店内目をやるとモノクロの写真スタジオに。
オーナーさんから話を伺えば、写真へのこだわりを知らされました。
震災があわれた方が、真っ先に探したものは「アルバム」だったとか。
デジカメではなくフィルム写真にこだわった写真です。
熱い語りを聞き、じゃあ、写真をとってもらおうか
ということになりました。

手に渡された、遠隔シャッターは、
「自分のタイミングでシャッターを押してください。」
カメラマン&オーナーのアドバイスをもとに
シャッターを押します。

昔ながらの家屋にある土間が
スポットライトでスタジオに変身しました。

どんな写真に仕上がっているのか楽しみです。
ちょっと秋の遠足プラスαを満喫しました。

Read Full Post »

秋の湖畔です。
カラフルに紅葉した木々の描き方をレッスンします。
奥の木々と手前の木々の描き方の違いを注意しましょう。
奥の木は、淡くします。そして、
手前の葉を大きくする事によって遠近感が出てきます。

Read Full Post »