Feeds:
投稿
コメント

Archive for 2011年8月

イギリスです。


手前の緑が鮮やかな色で、背景のお城を引き立たせます。
城は、あまり描きこまない様にしてください。
手前の緑の葉で遠近感をだします。

Read Full Post »

ご案内チラシのもう少し詳しい内容のものを
再度アップします。ご確認くださいませ。

下記部分に、振込方法やキャンセルに関しての内容が記載されています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Read Full Post »

風景画です。

京都常寂寺です。

星空を描きたくて写真を探していました。
でも写真には、もちろん星空はなかったのですが、いつもの魔法(?)の
スプレーの使用で星を散りばめました。

夏の天の川が綺麗にみえるのは、月がでていない空なのです。
今までの10年以上キャンパーとして全国行くのですが、
空が美しかった話をひとつ。

飛騨高山の山奥に連泊し、空を見上げるために深夜に
川べり椅子をだしました。
キャンパーは10時消燈なのでは、辺りの明かりも
足元のランタンの光があるだけ。
椅子の背もたれを倒して、自分の全身を空に預けます。
すると、目の瞳孔が星を見るために
精一杯開いてきます。。
しばらくすれば、目が闇に慣れてきて、
無数に散らばる星が頭上ある事に気が付きます。

何億、何兆も…
帯のように星が流れて見えるのは、天の川。
流れ星も空をまたぎ、流れ落ちるのが見えます。
それは、ひとつだけでなく、時間はかかるのですが
流れ星を見た数を数えていきます。

天体ショーは、毎夜どこかで繰り広げられています。
ただ、街の明かりがあるので見えないだけ。
そんな星空を思い出して描きました。

Read Full Post »

おもちゃのようなカラフルな街並みです。
ルーマニアにあるメディアシュです。
いつも描くときは、「水を含ませて~」から入る
レッスンですが、今回は、「水彩色鉛筆タッチ」を
存分に楽しんで頂こうと用意しました。
ぬり絵の様に色を塗って、水筆で溶かすといった
具合です。
屋外でのスケッチではこの様にされる方が早くていいでしょう。

色とりどりの街並みを描いてみてください。

Read Full Post »

ひまわりです。

サンリッチという種類で小ぶりな品種です。
描き方は、始めにバックを描きます。

向日葵のの可愛らしさをバックの色で表現してみましょう。
でも、花が消えてしましそうですね。
なんとなく、花のの存在は淡い感じで描いてみたかったのです。

Read Full Post »

秋のイベントのお知らせです。
今年は、「絵を皆さんとともにじっくり描く」イベントを企画しました。

「薔薇」って難しい、でも描きたいって方は多いです。
私のクラスでも優雅に薔薇を描いて頂きたいのですが
ワ―!キャー!やってるうちに、
「あと、もう一歩」という作品が時としてあります。
特に、今回の「流し絵」は、私も数人に同時に声をかけられるので
受講生ともにパニック状態(笑)

もうちょっと、丁寧にアドバイス出来ればいいなあーと。
自分自身が消化不良になってしまいます。
ならば、みんなで、同時にちょっと苦手意識のある背景や
薔薇をえがいてみてはいかがかな?と
あいあいパークと企画しました。

申込みは9月1日(木)11:00~電話にて受け付け開始。
電話 0797-89-5933
あいあいパークカルチャー受付
先着20名

お昼のお弁当にもちょっとこだわってみました。
懇親会のように賑やかになりそうな予感です。

秋の一日、中庭では薔薇フェアも開催されています。
ぜひ、お申し込みください。
席数が限られています。
申込み受け付け日をお忘れなくお願いします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Read Full Post »

フィンランドの水景です。

木々の種類に注意して描き方を工夫します。

木を描くときは、ベース(下地)をつくります。
水彩色鉛筆(緑や黄色)でグルグルと塗ります。
その後、溶かす際に葉の形状を出していきます。
筆先の形状や筆の方向を考えます。

最後は、水面にチャレンジします。
今回は、小さなアイテム(家)を丁寧に扱ってください。

Read Full Post »