2010年カレンダー予約いたします。

今年もカレンダーを制作しています。
当教室の皆さんには、本年の感謝の気持ちで
制作いたしました。
おひとりずつ、お手元に一冊を置いてやってください。
もし、12月にお休みされた方がいらっしゃいましたらおしゃってください。

(下の画像は、イメージが掲載されたチラシです。)
希望の家チラシ001

現在、12月上旬にお渡しできるように
希望の家ワークセンターさんとカレンダーの校正をしています。
校正刷りとデーターでみるのとでは、元原画とイメージが違っていたり、
時間がない中、無理なお願いをしています。

また、複数お求め頂く場合は、
有償とさせていただきます。
一部 500円で承ります。
送料90円(5冊以上は送料無料)

注文方法は、電話・ファックス・メールにて
〒665-0825
兵庫県宝塚市安倉西3-1-5
電話    0797-87-0141
ファックス 0797-84-0738
メール       k-workjyusan@jttk.zaq.ne.jp

この売上げの一部は、全前脳胞症の会「天使のつばさ」の活動に役立てられます。
ご協力いただければ、幸いです。

2010年カレンダー予約いたします。

今年もカレンダーを制作しています。
当教室の皆さんには、本年の感謝の気持ちで
制作いたしました。
おひとりずつ、お手元に一冊を置いてやってください。
もし、12月にお休みされた方がいらっしゃいましたらおしゃってください。

(下の画像は、イメージが掲載されたチラシです。)
希望の家チラシ001

現在、12月上旬にお渡しできるように
希望の家ワークセンターさんとカレンダーの校正をしています。
校正刷りとデーターでみるのとでは、元原画とイメージが違っていたり、
時間がない中、無理なお願いをしています。

また、複数お求め頂く場合は、
有償とさせていただきます。
一部 500円で承ります。
送料90円(5冊以上は送料無料)

注文方法は、電話・ファックス・メールにて
〒665-0825
兵庫県宝塚市安倉西3-1-5
電話    0797-87-0141
ファックス 0797-84-0738
メール       k-workjyusan@jttk.zaq.ne.jp

この売上げの一部は、全前脳胞症の会「天使のつばさ」の活動に役立てられます。
ご協力いただければ、幸いです。

11月朝日カルチャー 風景画コース

スイスの秋を描きます。
場所の詳細は、不明なのですが、今回は、
遠近感ある木々の描き方をマスターします。

0911秋スイス

画面の上部から落ちる枝と紅葉した葉を加えて、
さらに遠近感を作ります。
しっかり、黄色の葉色を出したいので、空の色の前に、
葉に当たる部分にマスキング液を使いました。

遠くに見える空は、グラデーション。
次に遠方の山脈から手前の山へと描いていきます。
同じ草木の色ですが、描き方で、グッと遠近感がでます。

最後に、マスキング液をはがして、その部分に黄系の今にも
落葉しそうな葉と枝を描いて完成です。

遠くの山は、淡く。
手前は、草木のタッチが残るようにと水彩色鉛筆の
持ち味を活かした描き方です。
常に心がけてください。

11月朝日カルチャー 風景画コース

スイスの秋を描きます。
場所の詳細は、不明なのですが、今回は、
遠近感ある木々の描き方をマスターします。

0911秋スイス

画面の上部から落ちる枝と紅葉した葉を加えて、
さらに遠近感を作ります。
しっかり、黄色の葉色を出したいので、空の色の前に、
葉に当たる部分にマスキング液を使いました。

遠くに見える空は、グラデーション。
次に遠方の山脈から手前の山へと描いていきます。
同じ草木の色ですが、描き方で、グッと遠近感がでます。

最後に、マスキング液をはがして、その部分に黄系の今にも
落葉しそうな葉と枝を描いて完成です。

遠くの山は、淡く。
手前は、草木のタッチが残るようにと水彩色鉛筆の
持ち味を活かした描き方です。
常に心がけてください。

11月水彩色えんぴつ教室 モチーフ

クリスマスをイメージしたモチーフです。
0911松ぼっくり・サンキライ・杉・コットン 
ヒバの上に、松ぼっくり、サンキライ。そしてコットン(綿の実)…
小さなモチーフを組み合わせて描いています。

この中で、チョッと難しいと思われるのが
松ぼっくりです。
反りあがるはじけた傘の部分を描く方法を教室では、
お伝えしていきます。

11月水彩色えんぴつ教室 モチーフ

クリスマスをイメージしたモチーフです。
0911松ぼっくり・サンキライ・杉・コットン 
ヒバの上に、松ぼっくり、サンキライ。そしてコットン(綿の実)…
小さなモチーフを組み合わせて描いています。

この中で、チョッと難しいと思われるのが
松ぼっくりです。
反りあがるはじけた傘の部分を描く方法を教室では、
お伝えしていきます。

ワタワタな先週。

とうとう、例外なく、我が家にもインフルエンザがやってきた。
ダウンしていたのは、ネーネー。
先週の火曜日の朝、元気に登校したもののすぐに、連絡網が回ってきた。
「学年閉鎖です」
…。今年度2回目の学年閉鎖になった。
子どもは、喜んで、帰ってきて遊んでいる。
そして、翌々朝、の木曜日。
「しんどい…」みなみが、ぐったりしていた。
熱が38度。疑うこともせず、病院に駆け込んだ。

近所の内科は、とにかく、人で溢れていた。
インフルチームは、車で待機。
しかし、ウチはカナミも一緒だからネーネーと同一車内は、マズイ。
とにかく、ネーネーを車に残し、1時間ほど、散歩して時間をつぶした。

見慣れた顔が病院の裏口から入退室。
やっぱり、学校でも流行っているんだよね。
木曜日は、バタバタとその足で、仕事場に向かった。
家には、老人と幼児がいるので、ここで、何とか食い止めないと。
ミナミも「誰も入れないで…」て、真っ赤な熱の顔で
気遣ってくれている。

夕方、家にいるのはカナミもストレスが溜まると思い散歩がてら
スーパーへ。
駄々をこねて、また、路上に寝そべる。
コラ!と思い、つないだ左腕を引き上げて、
まだ、泣いているカナミをおいでと呼んだ。

??
何かがおかしい。
腕を持って泣いている…。
大好きなプリンも右だけで受け取り、左腕を持つと泣く。
レジのおばさんも、「おかしいね。このコ」って心配そうに見てくれて、
やはり、っいうか、まさか、、、。
ひじがぬけている!!!!!
ぶらりと力がない。

しまった!!やってしまった!!!
腰が抜けそうになって、気もそぞろで、大慌てで、帰宅。
木曜日の午後診は、どこもやっていない。
そんな時間が長く感じ、救急病院にかけこんだけど、治療は、ほんの10秒。
上手い具合に入れてくれたようだ。
それまで痛がっていた、左でバイバイをして、
アンパンマンのお菓子をポリポリ食べて帰ってきた。
ゴメンねーカナちゃん。。
親としては、不覚だった。

一方、受診の際は、インフルの反応はでなかったネーネーが、
金曜日には、最高の39.3をマークしていたらしい。

らしい…。っていうのが、完全隔離をしていたので
ミナミは高熱にひとり耐えていた。
食欲もなし。
リレンザも効いているようだが、熱が、再度上がってくる。
カナミがウロウロして入ってくるので、
ふすまにも筋交いをして、篭城してくれた。

週末は、私が仕事と重なり、パパの協力もあり
何とか、ミナミも日曜日には、「ヒマや」っていえるくらい、回復。
今のところ、誰も移らずに何とかおさまりそう。

月曜に証明書をもらって、さあ明日から、登校。