8月の水彩色えんぴつ教室 モチーフ

ほおずきです。
色鉛筆画にはぴったりなドライ感があるモチーフです。
水彩とあわせることで迫力があるほおずきが描けます。

0808ho-zuki 
ポイントは、光のあたっている上部の部分は、色をいれないこと。

反対にテーブルに接している部分には、色を重ねる事で、立体感がでます。
また、ほおずきの表面の色を運ぶときは、筆は、できるだけ短いストロークの方が、
ボコボコとした表情がでます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中