Feeds:
投稿
コメント

南阿蘇の春は穏やかに訪れます。

水彩色鉛筆を併用しています。
手前の畑の部分です。紙が濡れているときに水彩色鉛筆で描くとクレヨンタッチになります(177,167)

光の表現です。

着色方法は、パウダーで着色をしています。

光は、塗り残しをしたり、消しゴムで消したりしています。

使用した色

104,267,278,120,156,184,249,274,187,101,157
混色のパレット
151+115+157

GODIVAダブルストロベリークッキーです。
Boxも超かわいい!
ストロベリーの香りが漂うクッキーです。

使用した色
184,191,187,219,163,140,121,108,111,134,136

スケッチします。
BOXのストロベリーイラストは、ラフに描きますね。
パッケージされたクッキーとパッケージから出したクッキーの色を描き分けます。
背景は、塩&パウダーを撒きました。
可愛くしあげましょうね。

昨年春から始まった、今期の年間講座は、今回で終わりです。
受講生のみなさま、お疲れ様でした。
たくさんの新たな技法にあふれた2018年度でした。

また、さらに来期も楽しく描けますように、今から色々と作戦を立てています。
また、一からふりだしに戻るような‥気分一新、
前進&前進。
新たな旅立ちです。

水彩色えんぴつを好きになってくださって
ありがとうございました。

私は、2019年も色々と展示会が続きます。
展示会だけでなく、さらに新しい出会いが増える予感がします。
深呼吸して、進んで参ります。

感謝とともに。
みなさま方と、こんなにもキセキだと感じたことはありません。
こんなに、いつもあたたかい気持ちにさせてくださり、
ありがとうございます。

イギリスがモチーフとなった建物が立ち並ぶ村があります。

元々、モデルはいなく、想像しながら女の子を描けば、
気が付けば娘の姿になっていました。

4月4日(木)10時より水彩色えんぴつ教室、神戸三宮にある神戸新聞カルチャー三宮KCCにて再開講いたします。
水彩色えんぴつ基礎クラスです。
また、4月4日同日、見学会も実施いたします。

この3月で神戸元町の毎日文化センター神戸教室が、運営改革に伴い、
全クラス閉講となります。
毎日文化センター神戸教室の皆様方には、ご無理をお願いして、全員がKCCにお引越しとなり、新規で午前クラスとして拡充することとなりました。

現在午後のクラスの方も満席にて、お待ち頂くこととなっています。
いずれもお席の都合がございますので、ご希望の方は
KCCまでお申し込みください。
電話 078-265-1100

午後クラス 水彩色えんぴつ&透明水彩画
基礎クラスのモチーフもしくは風景画が選択できます。
画材も水彩色えんぴつ、透明水彩など併用いただくことも可能です。



茅葺と桜です。

桜が風に揺れ、花びらが舞う様を描きます。
桜の花の色は、ピンク色が濃くならないように気をつけてください。

157,274,157,199,119,(124+101),190
混色のパレット
151+115+121+157+199



春の訪れを描いてみましょう。
空と木だけのシンプルな構図です。

パウダーで描く空と、木の樹の表現をレッスンしましょう。

雲は、パウダーで描きますが、練り消しゴムを使います。

使用した色
151,110,120,274,157,140,163
紙やすり、綿棒、ティッシュ、練り消しゴム